パンケーキが食べたい

血糖値を抑えたい

ご飯や麺類などの炭水化物を食べると、体内でブドウ糖に分解されます。
血液中の糖分はすい臓から分泌されるインスリンによってエネルギーとなり、筋肉や臓器へと送られます。
血液中の糖分濃度を表す数値を血糖値と言いますが、エネルギーにされなかった糖分は体内脂肪として蓄積されるため、ダイエットのためにこの血糖値を抑えようとしている人は多いでしょう。
しかし炭水化物も糖分も生命活動のためには必要不可欠な栄養ですから、摂らないでいると逆に健康を損なってしまいます。

糖分を脂肪として溜めないためには、食後の血糖値の上昇をゆるやかにし、インスリンの分泌を抑える方法が有効です。
精米されたご飯やパン、麺類は食後に血糖値が急上昇してしまうため、量を減らすと良いでしょう。
しかし食べる量をただ減らすだけのダイエットは苦しくひもじい思いがして長続きしません。
ご飯や麺類などの主食を減らした分、お腹が空いたら手作りの生地でパンケーキをおやつに焼いてみませんか。

パンケーキの主原料は小麦粉ですが、小麦粉で出来た麺類やパンなどと同様に食後の血糖値を急激に上昇させてしまいます。
そこでお勧めしたいのが全粒粉のパンケーキです。
普通の小麦粉は小麦の胚乳部分のみを製粉したものですが、全粒粉は表皮や胚芽全てを製粉しており、食物繊維や鉄分、ビタミンなどの栄養価に優れています。
真っ白な小麦粉よりも消化に時間がかかるため、血糖値の上昇はゆるやかになります。
全粒粉を使って焼いたパンケーキは栄養価も高く、香ばしい風味でダイエット中のおやつとして最適です。
しかし血糖値の上昇を抑えるとはいえ、一度に食べる量は控えめに、よく噛んでゆっくり味わいましょう。